首イボの治療法まとめ

首に出来たイボを薬で治すにはどうしたら良い?

女医さん
イボには色々種類がありますが、首にポツポツと広がるようにできたイボは多くの場合、老人性イボの可能性があります。ポツポツが出来て放置していると、しだいに数が増えていくのが特徴の一つです。このポツポツは加齢によって肌の再生がうまくできなくなり、肌の一部が硬化して盛り上がったり、黒くなったりしてできてしまいます。別にお年寄りだから出来るものではなく、若い人でもできます。なぜなら紫外線が大きな原因だからです。

紫外線を浴びることによって、肌はダメージを受けます。それで肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、肌の老廃物が蓄積してしまってポツポツが出来てしまうのです。このポツポツはいうなれば良性の腫瘍なのですが、放っておいても害はありません。ただし年齢よりも老けて見えるので特に女性は気になってしまいます。

ポツポツが出てきたらすぐに皮膚科に相談してください。早期に相談すれば、早期に解決できます。皮膚科ではイボの種類を判断してくれて、適切な薬を処方してくれたり、処置をしてくれます。薬は塗布するタイプやヨクイニンなどビタミンを多く含んで肌の健康を保つ成分が入った内服もあります。まずは医師の診断を仰いで適切な治療を受けましょう。

もし切除しなければならない場合はレーザーや電気メス、ハサミによる切除、液体窒素による凍結など色々あります。レーザーは保険が適用されませんが、シミなどを残さずに取り除くことができます。しかし費用が高額になるのが難点です。ポツポツが小さければハサミでカットしていくこともできます。もちろん自分では行わないでください。液体窒素は健康な皮膚にまで影響を及ぼすので事前に医師とよく相談してください。

ポツポツが自宅で治せると医師から判断されれば市販の薬を購入してみるのも良いです。最近のクリームはハトムギエキスなどが配合されたものがあり、塗るだけで次第にイボを枯らして小さくしてくれるものがあります。その際は保湿成分の入ったものを選んで肌をいたわるようにしてください。

首に出来たイボをイボコロリで治すことができる?

注意する女性
首にイボが出来るとイボコロリで治そうと思うかもしれませんが、まずは皮膚科を受診してください。素人判断で誤って塗布してしまったら、跡ができたりシミを残したりしてしまうので大変危険です。イボには老人性のものやウィルス性のものがあるので、まずは医師に症状を診てもらってから、適切な処置をしてもらったり、適切な薬を処方してもらったりしましょう。

ちなみにイボコロリはサリチル酸配合の角質剥離剤です。液体タイプと絆創膏タイプ、内服タイプがあり、患部に薬剤を塗布すると白い膜を作り、硬化した皮膚を柔らかくしていきます。この作業を数度繰り返すことによって、自然にイボを取り除くことができます。

しかしイボコロリは注意書きを見るとおわかりになりますが、顔や目の周り、唇以外に皮膚が柔らかい首にも使用することができません。もし首にイボが出来たらまず皮膚科でイボの種類を判断してもらった上で、治療をしてもらうか、薬などで自分で治すか決めてください。

皮膚科での治療は主にレーザーか小さなハサミでのカット、液体窒素で凍結して切除などの方法があります。レーザーは保険適用外ですから1回の施術で5,000円くらいかかります。また小さなハサミを使う方法は原始的に見えますが、実は大変一般的な方法です。液体窒素の場合は健康な部分の肌も液体窒素で凍結させてしまう可能性があるので、医師の説明を充分聞いた上で納得してから施術してもらってください。

最近は市販で売られている薬やクリームで症状を軽くすることができるようになってきました。ハトムギエキスなど肌に良い成分が入っている高機能のクリームが市販されています。塗り続けることで、痛みがなく、イボを枯らして根元からポロリと落としてくれるものがあります。

【参考】ハトムギエキス配合のクリームと言えばこちら⇒http://xn--u9jxfa5azlley46xm7q3t1k.com/

もちろん医師の診断があった上で購入してほしいのですが、出来れば保湿成分が入っていて肌を保護しながら元の状態に戻していくことができる薬やクリームを選ぶようにしましょう。

市販薬を使って首に出来たイボを治すことができる?

錠剤
首に褐色のポツポツが出来てしまって素人判断で市販薬を購入することは大変危険です。ポツポツを発見したらまず皮膚科を受診して医師にどの種類のイボなのか判断してもらいましょう。多くの場合老人性のイボが考えられます。老人性のものが出来るのは加齢が原因です。若い人でも20代からできる人はいますが、多くの場合、加齢により皮膚の再生がうまくいかなかったために発生するのが、この老人性のイボです。

紫外線を浴びて肌がダメージを追うと、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、皮膚の一部が角質化して盛り上がったり、黒ずんでしまったりします。老人性のものはこれが群発した状態をいい、市販薬で症状を軽くできる可能性はあります。通院が難しい場合はこのような市販薬を利用してみると良いでしょう。最近のものは保湿成分が配合されているものが多いので、使用感がよく美肌になるという感想も多く見受けられます。但し、念のため医師に相談してから使ってみることをおすすめします。

皮膚科で治療しようと思うのであれば、レーザーや液体窒素での凍結、小さなハサミでもカットなどの方法があります。悪性のもので切除が必要な場合は医師に相談して適切な方法で除去してもらいましょう。液体窒素は健康な皮膚も凍結してしまうので、黒いシミが残ることがあります。レーザーは効果が高いですが、治療費がかさみます。

イボの発生は日ごろの生活を改善するだけでかなり予防できます。例えば紫外線から肌を守るだけでかなりの効果が期待できます。外出時には日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、サングラスをかけるなどして防御しましょう。首にも忘れずに日焼け止めを塗ってください。

また食生活も新鮮な野菜や果物を摂取することで肌に良いビタミンやミネラル、亜鉛などを摂りいれることができます。ハトムギ茶も美肌の強い味方です。市販で売られている高機能のクリームも継続して利用すれば、肌を良い状態に保つことができますので、自分に合ったものを探してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ