首に出来たイボはアロマオイルで治る?

肌ケアする女性
首からデコルテにかけてポツポツと発生してくる老人性のイボ。市販薬を買ったり、内服薬を飲んだりするのも良いですが、アロマオイルを使うことによって症状が改善することがあります。

アロマオイルは普通原液で使用することができませんが、ティーツリーオイルを原液のまま、コットンや綿棒にしみこませて、それをデコルテなどポツポツが気になる所に塗るだけでOKです。個人差がありますが、大体朝と晩に1回ずつ患部に塗り続けて、約3週間でほとんどポツポツが気にならなくなります。

ティーツリーオイルは原産地であるオーストラリアのアボリジニが古くから使っていたオイルで、とてもクールな印象の香りが特徴的で抗菌効果を持ちます。ラベンダーと並び日常でもよく使われているオイルで、リラックスしたい時、風邪気味の時、花粉症で辛い時などに効果を発揮します。

いくらアロマがイボを治すのに効果的とはいっても、素人判断で治そうとは思わないでください。首のポツポツが気になったら最初にするべきことは皮膚科に相談です。その上でどのように治療するか決めてください。アロマは体に負担をかけずに効果があると思われがちですが、人によって向き不向きがあるからです。

皮膚科での治療ではレーザーや小さなハサミで切り取るか、液体窒素で切除する方法があります。悪性のものであれば、切除してもらいましょう。レーザーは治療費が高額になりがちですし、ハサミは痛みや出血が少なくてすみますが、イボの数が多いと治療が辛いです。液体窒素は健康な皮膚にシミを残す可能性があります。

もし自分で治せる程度のものであれば、ネットやドラッグストアで高機能のクリームを購入することをおすすめします。その際も医師や薬剤師に相談してから使用することをおすすめします。市販薬の場合、ハトムギエキスやあんずエキスなど肌に良い成分が入っていることが大前提ですが、保湿成分なども入っているとプラスアルファの効果も期待できる場合がありますので、内容物をよく吟味して購入するようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ