首にできるイボの中でアクロコルドンはどのようなものか?

考え込む女性
アクロコルドンは主に首にできるイボですが、皮膚が柔らかい鼠蹊部や脇にもできやすいです。女性や肥満の方に多くみられ、年齢を重ねるごとに発生しやすくなります。良性の腫瘍ですが、あまり害はないので過度な心配は必要ないのですが、首の場合は衣類やネックレスなどがひっかかることによって炎症をおこしやすくなるので注意が必要です。

アクロコルドンは首にできるイボの中でも極めて小さく、色は肌色なので、それ一つでしたら目立ちません。しかし群発してしまうので、どうしても気になる人が多いのです。

アクロコルドンの治療方法は凍結療法か高周波メスを使っての手術、レーザー治療があげられます。凍結療法は液体窒素を使って、一つずつイボを凍結させて切除していきます。施術したところが2週間後には自然にカサブタになり消えていきます。手術の場合は跡が残ることがあるので注意しましょう。レーザー治療は、レーザーによってイボを一瞬にして焼き切ります。仕上がりが綺麗でおすすめですが、保険が適用されないので、治療費が高額になるのが難点です。

医師に診断してもらってアクロコルドンと判断してもらったのなら、市販で買うことができる薬やクリームなどを使用してみるのも良いでしょう。最近の市販の薬やクリームにはハトムギなどの自然由来の成分や保湿成分などが配合されている高機能商品が多くあります。塗り続けることで、イボを枯らして根元からぽろっと落ちるような状態に持っていくことができるものがあります。口コミなどを参考にして、自分にあった商品を見つけてください。

アクロコルドンは前述したように肥満の方に出来やすいので、糖分や炭水化物の摂りすぎには注意が必要です。野菜や果物をしっかり摂ってビタミンなどを意識して摂取してください。アーモンドやハトムギはビタミンを多く含んでいるので美肌に効果的です。また過度のストレスは新陳代謝を阻害します。適度な運動や質の良い睡眠を心がけてストレスフリーな生活をするように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ